上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は久しぶりに一日ゆっくりできたので、昼ごはんにピザを焼きました


トッピングはサラミとマッシュルーム、オリーブにバジル。チーズはモッツアレラ。
2010_0321星河湾酒店0001

このピザ、発酵まではホームベーカリーが上手にやってくれるんです 実に簡単

私は材料を計って投入するのみ。

スタートボタンを押して45分ほどで、ピーピー鳴ってお知らせしてくれちゃって

後は、発酵を終えた生地を取り出して、丸く伸ばしてソースを塗って具を載せてオーブンへ入れれば

15分~20分で美味しそうに焼きあがるというわけ

280グラムの粉で直径25センチのピザが2枚焼けます。


ここ広州では、なかなかこれは美味しいと思うピザが食べられません

ピザ屋さんはけっこうたくさんありますが・・・お味のほうは、どこもまぁまぁ。

はっきり言って、家で焼きたてを食べた方がイケる、と思います。

やっぱり、何でも焼きたてはいいですね


今日も活躍してくれたのは、キッチン・マーケットで250元(3500円くらい)で購入したオーブンです。
2010_0321星河湾酒店0007

機能はひたすらシンプル。ただ焼くのみ。温度調節とタイマーはさすがについてますが

金属がペッコペコでとても薄いので、うっかり触ると大変

すごく熱を発散するんですね。ただ・・・軽~いです 

持ち運び便利(ふだんしまっておいて、使う時だけ出してこれます)

とっても重宝していますよ。グラタンだって、クッキーや簡単なお菓子類、パンも

これひとつで十分焼けちゃいます

日本で使っていたオーブンレンジとは、まったく比べ物にならないシンプルさですけど

気に入ってます


まだ焼けないの~? さては、はしっこねらってますね。。。
2010_0321星河湾酒店0005




春は移動のシーズン。

ここ広州でも、日本に帰国される方、他の場所にスライドされる方のニュースがひきもきらず

見送る立場というのは、何度経験してもなんだか取り残されるような寂しさがありますね。。。


中国に滞在するためのビザはふつうの場合1年で切れるのですが

我が家の場合、もうすぐ更新しなくてはなりません。

しかも今年は、私のパスポートが4月に更新なので、色々めんどう

早めに手続きについて聞いておいてね、と主人に釘を刺してありました。


ところが・・・おとといの朝のこと。

「や、やばいかも」という主人の声が聞こえてきました。

いったい何事?と事情を聞いてみると・・・

更新の手続きとしては、まずマンションのデスクの方に写真やパスポートを提出して

公安に行ってもらい、居住証明をもらうのですが・・・(ここで数日かかります)

昨日から主人が上海出張なので、パスポートを持っていかなくてはならない

つまり、その間公安へ行くことができない・・・

しかも、来週はまた日本で健康診断へ行くので、それまでにパスポートを返してもらわなくてはいけないそうで。

今月の29日には会社に居住証明とパスポートなどを提出しないと

ビザの更新に間に合わないスケジュールだというのに


もう、それからが大あわて

急遽予定をキャンセルして会社から戻り、二人で写真を撮りに行き

今日の夕方出張から戻ったら、すぐさまデスクにパスポートと写真を届けなくてはなりません

デスクの方にも無理を言って、なんとか2日間で居住証明を取っていただくように交渉してもらい

まったく1日の予備もなく、ひとつ何か予定外のことが起これば、ビザ更新に赤信号が灯ってしまうじゃないの

しかも会社の方からは、手続きの詳細と「○○さんは×日に提出期限」と明記してあるメールが

ずいぶん前に来ていたことが判明

あのね~。いっつもこうなのね。

ギリッギリまで大事なことを忘れて間際になって大騒ぎ

そして「ゴメンゴメン」でおしまい。

喉元を過ぎれば即忘却。もうけっこういい年のオジサンなのにね~。

そして、けっこういい年のオバサンである私も・・・主人に任せておいちゃ不安なことを学習して

もっとうるさく聞かなきゃだめですね。

何か起こったら、皆さんにご迷惑をおかけすることになりますし。


二人とも、もうちょっとしっかりしなくては・・・


赤いパスポートは私たちを守ってくれます
2010_0317星河湾酒店0001


お父さん留守で、つまんな~い。
2010_0317星河湾酒店0003





2010.03.14 前夜祭?
先週金曜の夜は、私の誕生日の前夜祭(?)をかねて

仲の良いお友だちと、たまには夜も出かけちゃえ~

と、ちょっとゴージャスな高級ホテルにお食事に行ってまいりました

ビュッフェだと、ジャージ姿の中学生が来たり(五つ星ホテルです

大人のお客さんもとってもお行儀が悪くて、ゆっくり話もできない雰囲気なので

メニューからお料理を選びました。

さすがに欧米人の客さんがチラホラいるだけのオトナっぽい空間

窓の外には、高層ビルの灯りが霧ににじんで・・・なんだかいい感じですな~

実際はこのあたり、昼間は造成中の工事現場に取り囲まれてるんですが。

闇がすべてを消し去ってくれて、雰囲気5割り増しUP


若いお友達は牛テンダーロインのステーキを、私ともう一人の方はロブスターのガーリックローストをいただきました。
2010_0314星河湾酒店0002

ロブスターはプリップリ、美味しかった~

ベビイトマトのサラダも、(なぜかパクチーも入っていましたが)

付け合せのローストした野菜も、さすがに新鮮で甘くて・・・

あと、このホテルはパンが好吃(美味しい)なんです。

それから、スイーツも私はチーズケーキをチョイス。
2010_0314星河湾酒店0003

う~ん、こういうのって、ここではめったにお目にかかれません。

それから・・・なんと、新作のデザートを試食して欲しいとのことで

プリンをサービスしてくださったんですが・・・これが絶品。なめらか&リッチ

ぜひ、メニューに載せてくださいな~。


そんなわけで、お料理の美味しさも、洗練されたサービスも、静かな雰囲気も大満足で

やっぱり、昼よりすべてがゴージャスでごいざいますね

そして・・・ここだけの話、こちらのお店は婦人会の割引がございますの。

メインのお料理一品、飲み物一杯、サラダ、デザート、コーヒー・・・・

このすべてで、な~んとっ300元(4000円ちょっと)でした~

さすがに、日本でこのクラスのホテルで夜に同じものをいただいたら・・・たぶん軽く2,3万円はするでしょうね。
(したことないけど

そして、この後我が家へ移動して、シャンパンで乾杯いたしまして、ゴージャスナイトは無事終了したのでした。

たまには、夜のお出かけも楽しいもんですね


翌日の誕生日には・・・獣医さんへ。ワクチンと爪きりをしに行きました。
はなのヘタレぶりをご覧あれ。しっぽは下がりっぱなし目はうつろ・・・。
2010_0314星河湾酒店0004

主治医のZ先生。いつもとっても良くしてくださいます。でも、はなは・・・帰りたい、一心
2010_0314星河湾酒店0006

前夜祭はハデに行われましたが・・・当日はいたって普通の日になりました・・・。

ま、そんなにぜいたくばかりはできませんよね。






2010.03.09 月に3度も!
月に3度も何がどうしたのか・・・と言うと

私がカゼをひいた、ってだけのことなんですが

いや~、さすがにまいりました。

思い起こせば、旧正月前お腹にくるカゼをひき、「日本で美味しいものが食べられな~い!」と

焦っていましたが、ギリギリセーフで回復し日本へ

ところが・・・さっそく成田あたりで拾った鼻にくるカゼが帰国中に発症

それを気合で乗り切って、日程をこなして無事広州へ戻り

主人にもしっかりうつし、やっと終息を迎えたとホッとしていたのもつかの間

またまたお腹にくるカゼ、リタ~ンズ

しかも、今回はキョウレツ~

猛烈な吐き気とダルさ、PPPに8度台の発熱・・・とさんざん。

まる2日間ダウンしておりました

おかげさまで、やっと今朝から平熱に戻り、吐き気やダルさもなくなってきましたが

ほとんど何も食べていないので、フ~ラフ~ラ

今日は中国語もお休みしてしまいました。

あ~あ、日本にいた頃は、お腹にくるカゼなんかひいたことなかったのに・・・。

「鉄の胃袋」を誇り、何を食べても当たったこともなかったのに・・・。

やっぱり、ここのところの超不安定な天候のせいなのでしょうか?

なにしろ、先日までのジトジトジメジメの生暖かい天気から一変し

ここ数日は気温がグッと下がり、今は10度前後・・・。(気温差10数度

そりゃぁ体調も崩しますよね。

主人も2週間くらいカゼが治らずグズグズしてますし、回りでもカゼひいてる人が多いです。


今のこの変則的な気候が終わっても、今度は暑くて長~い亜熱帯の夏がやってきます

これはこれでまた・・・キツイ

今のうちにしっかり体調を整えておかなくちゃ・・・。

とりあえず、おかゆ作って食べようっと


この方は、私が具合悪いとまったく近寄ってきません。
気を使ってるのか、はたまた、どうせかまってもらえないとわかってるのか・・・?
2010_0307星河湾酒店0006

昨日は久しぶりに日差しものぞき、気温も28度くらいに上がった広州です

もう夏がやってきたの そんな一日になりましたが


私はお友だちと日本人婦人会のイベントで、広州の西隣にある「佛山市」へ出かけてきました

高速をバスで一時間ほど走ると、広州よりこぢんまりした町並みが現れ、市内の中心地に到着。

最初に立ち寄ったのは「祖廟」と言われるお寺です。
2010_0304星河湾酒店0002

この辺りは、川に囲まれ洪水が絶えなかったため、治水を願って道教の水の神様を祀ったお寺で

佛山でも最も歴史も古く、11世紀に建立されたそうです。


こちらの古い建物には屋根に特徴があり
こうして、とにかくたくさんの人や生き物などがずら~っと並んでいます(この屋根には108人さまが並んでます)
「三国志」や「水滸伝」などの登場人物などが多いそうです。
2010_0304星河湾酒店0010


ここは地元のお年寄りの憩の場になっているらしく、あちこちで卓を囲んで麻雀やトランプに興じています
2010_0304星河湾酒店0005

中には、激しく相手をののしっている(日本人の耳にはこう聞こえる)オバアサンもいて

「私だったら、あんな恐い人とゲームなんかしたくないな・・・」と思いました


本堂の中に入るとご本尊さまの周りにたくさんのコワモテの面々が・・・。
2010_0304星河湾酒店0014

みんな微妙に前傾姿勢なのは、ご本尊さまに敬意を表しているのだとか・・・。

全体的にキラキラゴージャスを目指しているらしく

日本のお寺の「わび・さび」とかとは、完全にコンセプトが正反対のような。


この後、レストランでランチを済ませ、向かったのはこちら。
2010_0304星河湾酒店0022

中国の伝統的な切り絵の工房です。

中に入ると・・・お姉さんたちが、机を並べて作業中でした。これは・・・こまか~い
2010_0304星河湾酒店0018


そして、とにかくお安いですね 日本だったら額装代にも満たない金額で

とても緻密で綺麗な切り絵が手に入ります。(基本的に額装済み)

大きさも絵柄もさまざまな種類があって、迷いかけたのですが・・・

私が買ったのはこれ。
わかりづらいですが、いろ~んな種類の犬が並んでいる図柄ですぐ決めました
2010_0304星河湾酒店0032

後ろもガラスで透きとおっているのがとてもきれい 120元(1800円)


それからもう一つ。これも見た瞬間、色合いの可愛らしさで即決。京劇の一場面のようですね。
2010_0304星河湾酒店0026


この切り絵の工房ですが、建物自体、かなり年代が経っていてとてもいい雰囲気でした
2010_0304星河湾酒店0020

2010_0304星河湾酒店0019

こういう石造りの古い建物は、上手に日差しをさえぎり、中庭があって風通しもよく

高温多湿な中国の南の地方の気候に適していると思います。


さて・・・家に帰ってすぐに買ってきた切り絵を飾ってみました。

けっこう重く、我が家のしっくいの壁では落下の恐れがあるので

玄関の窓の前に置いたり
2010_0304星河湾酒店0033

棚に飾ったりしましたよ。
2010_0304星河湾酒店0031


なんだか一気に中国チックになった我が家です






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。