上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日ジャスコで買い物していた時のこと、ただでさえ騒々しい店内に(日本のスーパーの10倍は騒々しい)女の人の叫び声が響き渡りました

 

ここが日本だったら、私も即座に振り返って声の主の方を確認したでしょうが

広州では・・・とにかくみんな大声で話します

大人も子供も、場所も時間も関係なく声が大きい上に、広東語は元来、日本人の耳には

ケンカしているみたいに聞こえる言葉

今までも揉め事かと思って慌てて振り返ったら、顔はニコニコして談笑しているだけだった

なんてことがしょっちゅうありました。

 

だから特に気にも留めずに買い物を続けていましたが、その声の主はず~っと何事かを

激しくわめき続けていて、周りの中国人たちもジロジロと声のする方向を振り返っています。

もちろん、遠慮えしゃくのない「ガン見」です

 

(彼らがあんなに見るってことはやっぱり何か揉めているのかな・・・

 

私も気になって振り返って見てみました。

 

ところが、そこにはそれらしき人物はおらず・・・

あれっおかしいな、あんな大声を張り上げそうな人はいないんだけどな・・・

親子連れに、インテリそうな夫婦に・・・小さいおばあさん。

 

と、思っていたのもつかの間

 

「○¥#△н¢£×%&$~

ものすごいわめき声が上がりました

私はギョッとしました

その声を発していたのは・・・

なんと小さなおばあさんだったのです

 

年のころなら80歳は過ぎているでしょう。

ホントに背も低く、きゃしゃな体つきで、腰も少し曲がっておりカートにつかまって

やっと買い物をしている様子です。

 

そんな一見弱々しいおばあさんの小さな体から、ものすごい大きさの甲高い声が

発せられていたなんて・・・完全にノー・マークでした

 

みんなジロジロ見てはいますが、誰も声をかける人などありません。

「あ~あ、おばあさん怒っちゃったよ」そんな感じでヒソヒソ話しています。

(そういう時だけ小声かいっ

 

それでも、次から次へと怒りの言葉を吐き続けるおばあさん。

 

(誰かなだめてあげればいいのに・・・)

 

側に立っている警備員も知らん顔です

 

そうこうしているうちに、おばあさん、ちょっと疲れてきたのでしょう。

やっと口をつぐみました。

やれやれ・・・一件落着か・・・そう思ってその場を離れようとしたその矢先

ネクタイをしめてトランシーバーを手にした男の人(警備の責任者らしい)が

近寄ってきて「どうかなさいましたか?」的なことを話しかけたから、たまりません

 

せっかく落ち着きかけていた様子だったおばあさんの怒りに再び火がついてしまいましたよ~

 

勢いづいて、手振り身振りも激しくまたわめき始めるおばあさん・・・完全復活です

 

みんなはクスクス笑っています。

 

私の能力ではおばあさんの話の内容はほとんどわかりませんが、他のお客と何かトラブルになったのに・・・と訴えているような・・・

 

いずれにしても、相手は小さなおばあさん、言葉以外は乱暴なことなどできっこないし

もっと早く誰かが話しを聞いてあげればよかったのに・・・

と思いました。

 

ただ、確かにおばあさんのあの迫力は、スゴかった・・・

あのパワーはどこから湧いてくるのでしょうか

日本のオバサン(私)も負けてはいられません・・・

いえいえ、初手から勝負はついていますね

おばあさん、あなたの勝ちです

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。